借金返済でお悩みの方、過払い金請求をご存知ですか

借金返済 債務整理・自己破産の無料相談

2006年に最高裁判所においてグレーゾーン金利(利息上限法の利息の上限を超え、出資法で定められた上限金利の間に存在する年利20.0%から29.2%の金利)については無効にするという判決が出ました。各金融機関は、その際に金利の再計算をしないで そのまま債務者から借入金の返済を受け続けたため、グレーゾーン金利分まで支払った債務者から「払いすぎたお金を返済してほしい」という訴えが、裁判所に対して起こされるようになりました。この払いすぎたお金のことを「過払い金」といい、その過払い金請求が借金返済でお困りの皆さまの注目を集めているのです。

過払い金請求には期限が定められています。業者との最終取引(完済日)から10年を過ぎると、過払い金の返還を受けていなくても、過払い金の請求ができなくなってしまいます。これを「消滅時効」といいます。過払い請求のメリットは、過払い金が発生した場合、お金が戻ってくること、返済中であっても、借金がなくなったり、返済額が減ったり、払った分が戻ってくることがあることです。デメリットとしてはブラックリストに載り、クレジットカードの発行に影響が出たり、新たな借入に制限が生じることがある、ということが挙げられます。過払い請求は、自分で行うことができますが資料を準備する必要があり、手続きにも時間がかかります。そのため、法律事務所や司法書士事務所に相談し、手続きをしている人が多いようです。

 

消費者金融の店頭窓口申込で即日融資

 

キャッシングの申込というと、インターネットから申込をした方が一番手続きが早そうなイメージがありますが、消費者金融の店頭窓口が近くにあるなら直接店頭に来店したほうが、はやく現金を手にすることができます。インターネットだと、夜に申し込むと結果連絡は翌日になったり、振込み融資も14時までに手続き完了しないと翌日振込みになってしまうので即日融資ができません。またインターネットで申込をして、住所や電話番号等の入力内容に不備や入力間違いがあったら、その確認のために電話やメールにて連絡がきます。不備点を訂正し正しい内容が判明するまで審査が進みません。連絡に気づかなかったらそのままです。店頭窓口は、対面で不明点があったらその場でやりとり可能なので審査がスムーズにすすみます。店頭は、受付の担当者に急ぎでお願いしますと伝えれば、速めに対応をしてくれます。インターネットだと込み合ってる時間帯は、結果連絡が遅くなることがあります。審査が終わり、契約内容の説明を受け、限度額や金利、契約内容に同意したら契約書に署名をして完了し、消費者金融 即日融資が可能となります。契約書の控えやキャッシングカード、その他契約書類、パンフレット等を受け取り手続き完了となります。契約完了後は、ATMが近くに併設されていますので、すぐにキャッシングカードで希望の融資金額を引き出すことができます。申込日に即日融資です。すぐに融資金額のを手にすることができるのが、消費者金融の店頭窓口で申込するメリットです。

j126